ビジネスコンサルタント
田村 玲子 World People USA, Inc. TEL: 310-699-1953
info@worldpeople.co.jp

最新コラム

第25回 : 
コロナ禍で得たもの、コロナ禍後のビジネス

バックナンバー

第1回 : 
「アメリカ生活と留学&ビジネス」
第2回 : 
「MBAはビジネス成功に役立つか?」
第3回 : 
「アメリカでの就職活動と職場」
第4回 : 
「アメリカでの就労許可証と就労ビサ」
第5回 : 
「会社設立方法1 - ビジネスプラン」
第6回 : 
「会社設立方法2 - 会社の種類・形態」
第7回 : 
「会社設立方法3 - 投資ビサ(E2ビサ)」
第8回 : 
「会社設立方法4 – 会社設立の手続き」
第9回 : 
「会社設立方法5 – 会社初期運営」
第10回 : 
「マーケティング1 - ターゲット顧客」
第11回 : 
「マーケティング2 - マーケティング媒体・方法」
第12回 : 
「マーケティング3 - 実施したマーケティングを最有効に!」
第13回 : 
「ブランド作り」
第14回 : 
「S.M.A.R.T. ゴール」
第15回 : 
「上手な時間の使い方」
第16回 : 
「バランスの大切さ」
第17回 : 
「Credibility Kit」
第18回 : 
~起業をお考えの皆さまへ~
第19回 : 
「人生に変化を!」
第20回 : 
具体的なアメリカ起業までの流れ
第21回 : 
海外で生活 - どんな壁にぶつかり、どう乗り越えていますか?
第22回 : 
令和を迎えて
第23回 : 
アメリカ起業の一連の流れ
第24回 : 
起業Q&A ~気を付けるべきこと。成功するための秘訣とは~
第25回 : 
コロナ禍で得たもの、コロナ禍後のビジネス

アメリカで独立・成功するために!

実際の経験を通して、アメリカでの「会社設立」過程と、それに関する情報や知識をお届け致します。

2020年 3月 2日更新

第24回 : 起業Q&A ~気を付けるべきこと。成功するための秘訣とは~

前回のコラム「アメリカ起業の一連の流れ」では、アメリカで起業するまでの流れをご説明いたしましたが、今回は、起業前や起業当初に気を付けるべき点や、ビジネスを成功させるための秘訣をQ&A形式でまとめてみました。

弊社では、初回30分の無料コンサルティングを設けていますので、起業前や起業まもない方たちから、ご相談のお電話をたくさんいただきます。このコラムを執筆している日にも、アメリカで会社を立ち上げたけれど、これからどうやって自社のサービス料金を決めれば良いのか?ターゲット顧客のマーケティング方法はどうやれば良いか?といったご相談がありました。

私も同じでしたが、やはり自分で事業を興すというのは、なかなか勇気のいることです。不安や恐れもあり、また相談相手がいない場合も多々あります。そういった自身の体験からも、今回は実際に弊社のお客さまから相談された内容を基に、回答をさせていただきます。私なりに導き出した答えですが、少しでも、皆さんのお役に立てれば幸いです。

Q. どんなビジネスで起業すれば良いの?

A. 「アメリカで起業したいのですが、どんなビジネスを選べば良いのか分かりません」というご相談をいただくこともあります。これは、つまり「自分にはどんなビジネスが合っているのか。何を基準に選べば良いのか」ということですよね。これは何と言っても、自分が得意で、好きなビジネスであることが大事だと思います。また、そのビジネスが自分にとって深く意味のあるものであれば、なお良いですね。そうすれば、自分がくじけそうになった時に「なぜ、自分はこのビジネスを始めたのか?」がハッキリ分かっているので、簡単には諦めません。ですから、もし皆さんが、自分でビジネスを始めたいと思ったら、まずは、この「なぜ?」の部分を、深く自分自身に問いかけてみてください。

また、ビジネスの内容として、自分がこれまで行ってきた業務や、勉強してきた分野を選ぶのも良いでしょう。中には「今までやってきたこととは全く違う、新しいことをしたいのです」とおっしゃる方もいますが、実際にこのようなケースが成功するには、かなり時間がかかり難しいため、あまりお勧めしません。

Q. 自分が選んだビジネスで、はたして上手くいくのでしょうか?

A. 自分がやりたいビジネスが決まっても悩みは尽きません。「このビジネスで本当に上手くいくのでしょうか?」というご相談も非常に多いのです。これから多額の資金を投資しビジネスを開始するため、何が儲かるのかな?と思うのは当然のことでしょう。けれど「成功するのか。失敗するのか」と考えているだけではどうにもなりません。まずは市場調査をしてみましょう。自分がこれからビジネスを行う地域で、自社のターゲット顧客が実際に何人いて、競合相手がどれだけいるのかを把握することが肝心です。また、自分のビジネスが「現在、社会から求められているものか?」ということを認識することも大切です。これらを明確にするためにも、市場調査をした後、ビジネスプランを書くこともお勧めいたします。

ちなみに、コラム執筆日にお電話をいただいた方には、簡単にできる市場調査を1つご紹介しました。それは、自分の友人・知人にアンケートを取ったり、意見を聞いたりすること。これから自分はこんなサービスを、このくらいの価格で提供しようと思っているのだけど、どう思う?と聞いてみてください。人の感覚というのは、割合似ていますので、20~30人に意見を聞くだけでも、手応えを感じることができます。

私も、セミナーを開催した後やサービスをご提供した後は、できるだけお客さまからアンケートや意見を頂くようにしています。具体的にいうと、今後のために弊社の改善点を1つでよいので教えてくださいとお伺いしています。この回答こそが、お客さまの「真の声」「本当のニーズ」ですので、とても勉強になりますよ。

Q. どんな分野が成功しやすいのでしょうか?

A. 「どのようなビジネスの分野がアメリカで成功しますか?」というご相談もよく受けます。現在アメリカで流行っている分野と言えば、ITおよびテレビゲーム関係、医療関係、ダイエット、エコ、教育に携わる分野のように思えます。また、国を問わず「衣食住」に関連する分野は、人の生活から無くなるものではありませんので、競合他社との差別化をうまく行えば、ビジネスが大成功する可能性を秘めています。

Q. アメリカで起業して成功する秘訣はありますか?

A. 成功する秘訣や理由にはいくつかあると思うのですが、私の経験から「これだ!」と思う大きな秘訣は、ビジネスを起こした国でその国の人をターゲットにしたビジネスを行っていることです。例えば、アメリカでビジネスをしている会社なら、アメリカ市民をターゲットに。日本向けにビジネスを行っている会社なら、日本国民がターゲットになります。これは言うまでありませんが、その国の国民がターゲットになるため、当然市場のパイは大きく、他社と取り合いになるケースも少ないので成功しやすいのです。

また、特に起業当初に、毎月の経費をカバーするだけの収入が入ってくる(キャッシュ・フローが回る)システムが整っているかどうかを確認しておくことが重要となります。システムが整い、毎月の必要経費がカバーできると、新しいサービスや顧客を開拓する時間ができます。

さらに、早くから単価の高いサービスや商品を取り扱うのも成功する秘訣の1つです。単価の高い商品を扱うと大変だと思われがちですが、実際には単価が高くても低くても、仕事の時間はあまり変わらないのです。ですので、最初から単価の高いものを取り扱った方が、効率が上がり、それに伴い利益も上がることになります。

そして、ビジネスをする際、決定権のある人を見極め、その人と直接案件交渉をするのも成功の秘訣です。「起業したばかりの自分が、いきなり上の方とお話するのは難しい…」と思うかもしれません。その気持ちは痛いほどよく分かるのですが、決定権の無い方と(長く)話をしても、最後の最後に決定権を持っている人が“No”と言えば、それで終わりです。起業したばかりで資金がない時は、これは本当に痛手となります。起業したばかりであっても、出来る限り準備をして、そして勇気を持って、1日も早く決定権を持つ人と話ができるようにしてください。これも成功するためのトレーニングです。ぜひ頑張ってください!

Q. 会社形態は何が良いのでしょうか?
A. 会社形態の選択も、皆さんが悩まれるところです。大抵は「C-Corp」「S-Corp」「LLC」を選択する方が多いですね。決定要因は主に2つあり、Liabilityと二重課税をどう対処するかによります。日本の会社形態と同様に、アメリカの会社形態にもそれぞれ特徴があり、会社設立の手続き方法や設立に必要な人数、課税方法、経営者への負債責任範囲、会社の運営規定などは違います。また、会計や税務については、会社によって異なりますので、会計士や税理士などに相談されることをお勧めします。

以上、~気を付けるべきこと。成功するための秘訣とは~をお届けしました。

最後に、これから起業をしたいと思っている皆さんに、まだまだ足りない所も多い私ではありますが、起業家の1人としてエールを送ります。

「自分のやりたいことが見つかり、起業したいと思っているなら、迷ってないで行動に移してみてはいかがでしょうか?もし進路変更が必要になった場合には、その時にすれば良いのです。確かに、ビジネスを始めてすぐは成果が出ないことが多いです。でも簡単に諦めないでください。大変なこともありますが、楽しいこともたくさんあります。思い切り自分のビジネスを楽しんでください!」

2020年 3月 2日更新

ワールドピープルでは、起業に関するコンサルティングに始まり、会社設立・登記手続き、E1&E2ビサ取得サポート、ビジネスプラン作成サービスを提供しております。

初回のコンサルティング (30分) は無料です。
アメリカでの起業をお考えの皆さまは、
ぜひお気軽にワールドピープル info@worldpeople.co.jp までご連絡下さい。

Columnist's Profile

ビジネスコンサルタント田村 玲子(World People USA, Inc.)

日本において4年生大学教育学部を卒業後、1990年に渡米留学。日本での専攻を活かし、ワシントン州にて教育学部修士号取得(MEd)。卒業後、外国人学生のアドバイザーとして2年間大学にて勤務。その間に国際ビジネスに興味が惹かれ、国際経営で定評のあるアリゾナ州サンダーバード大学にて、1998年に国際経営修士号(MBA)を取得。その後、4年間の大手日系企業アメリカ支社勤務を経て、2003年に「ワールドピープルUSA」設立。

「ワールドピープル」- その名の通り「世界人、国際人!」
21世紀を迎え、世界が刻一刻と近くなりつつある中で、今よりもっと多くの日本人の方に、世界の色々な機関で活躍して欲しいと言う願いからこの社名が生まれた。

現在は自らが得た知識と経験を最大限に利用して、企業、社会人、留学生の皆さまへのコンサルタントサービスに努めている。取り得は「元気」。特技は「そろばん」。珠算・暗算10段。日本とアメリカにおいて珠算模範演技のためT.V.にも出演。

World People USA, Inc.

21250 Hawthorne Blvd., Suite 500, Torrance, CA 90503
TEL:
310-699-1953
FAX:
310-872-5049
EMAIL:
info@worldpeople.co.jp

World People USA, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES