アメリカで独立・成功するために!

実際の経験を通して、アメリカでの「会社設立」過程と、それに関する情報や知識をお届け致します。

2017年 3月 21日更新

第20回 : 具体的なアメリカ起業までの流れ

ここ最近、日本からアメリカに進出される企業や、アメリカで起業される個人の皆さんが増えています。学生の方のアメリカ留学は減っていると聞いているのですが、アメリカ進出や起業は増えていて、日本の次の世代の皆さんに「世界で活躍して欲しい!」と願う私はとても嬉しく思います。

アメリカ進出や起業が盛んになっている理由の一つは、「日本での市場が飽和している」ことにあり、これからますます大きくなりたい、市場を伸ばしたい、成功したい、売上を伸ばしたい、と思う会社や個人の皆さんは、日本だけではマーケットが足りないので、外に向かうしかなく、海外進出や海外でのビジネス起業になっているようです。

今月のコラムでは、「具体的なアメリカ起業までの流れ」と題し、「企業や個人」の皆さまのために、起業にいたるまでの具体的な流れをステップ・バイ・ステップでお話しさせていただきます。

アメリカ起業には、大きく次の3つのステップがあります。

ステップ1. 起業コンサルティング

お客様とのミーティング様子

まずお客様の新規事業が、アメリカで上手く行くかどうかの「可能性調査」を行います。可能性調査の内容は2つに分かれています。

  1. サービス&商品が、アメリカでニーズがあるかどうか?(業界市場はどうなのか?ターゲット顧客は誰?居住場所は?競合他社はどれだけいるか?など)
  2. ビジネスオーナーの就労ビザ取得が可能かどうか?
    (主に、申請者の今までのバックグランド、起業するビジネスへの知識と経験、十分な資金があるかどうかなどの確認)です。

起業する前に大事なことは、「第10回:マーケティング1 ―ターゲット顧客」でお話しした「ターゲット顧客」を明確化して、需要があるかどうか?競合他社がいないか?十分な差別化が出来ているかどうか?などを把握することです。

  1. 自社サービスや商品は売れるのか? 需要はあるのか?
  2. ターゲット顧客は誰なのか?
  3. ターゲット顧客は何人いる?
  4. ターゲット顧客はどこにいる?
  5. ターゲット顧客を何%獲得できる?
  6. 自社売上を上げる方法は?

以上の項目を、必ず調査し、自社のターゲット顧客、そして競合他社についても情報を集めてください

また、既に市民権や永住権を持っている人以外は、外国人がアメリカで働くためには必ず何らかの「就労ビサ」が必要になり、起業をする人は大抵E1ビザ(貿易ビザ)、E2ビザ(投資ビザ)のどちらかになります。

Eビサ取得に有利になる目安条件
  1. 日米間の貿易金額と貿易回数が多い(E1ビザの場合)。
  2. 十分な初期投資金がある(E2ビザの場合)。
  3. 従業員数・雇用人数(アメリカ市民かグリーンカード保持者が有効)が多い。
  4. 明確かつ実現的なビジネスプランの提出。
  5. 起業される方の「新起事業」が今までの学歴・職歴と関連している。

初回起業コンサルティングは、お客様と直接会ってお話しさせて頂く事が殆どですが、もし未だ日本などアメリカ国外にご滞在の場合には、スカイプ会議や電話でのご相談も承っております。

ステップ2. 会社設立、ビジネスプラン作成、就労ビサ申請・取得

コーポレットキット一式

ビジネスプランのサンプル

起業コンサルティングの結果、新規ビジネスおよびオーナーの就労ビサ取得の可能性があると判断した後は、起業コンサルタントの弊社、会計士、移民弁護士の三人四脚で、会社設立、ビジネスプラン作成、就労ビサ申請・取得を行います。

  1. まず、税金対策およびビザ取得に合った会社形態(C-Corp、S-Corp、LLCなど)を選ぶ。
  2. その後、2~3週間で「会社設立・登記申請」を完了。
  3. 1カ月ほどでビジネスプランを書き上げ、弊社が書いたそのビジネスプランと共に、移民弁護士が就労ビザ申請・取得を行います。E1&E2ビザのどちらの申請にもビジネスプランは必要で、最近は特にEビザ申請が厳しくなっていますので、明確な質の高いビジネスプランを提出することをお勧めいたします。
ステップ3. アメリカでのビジネス環境構築のサポート

信頼のおける人脈ネットワークの中から、ビジネスに必要な銀行担当、オフィスのリース、保険会社、ウェブサイト、マーケティング& PR等の専門家もご紹介いたします。“皆さんのアメリカ起業が限りなく成功するために!”をモットーに、皆さんのアメリカ起業プロセスを、できるだけ正確、簡素、迅速に進められるように努めています。

以上、「具体的なアメリカ起業までの流れ!」をお届けいたしました。

『アメリカ起業ステップ』をより理解して頂くために下記ビデオもご用意しました。もしよろければご参考ください!

2017年 3月 21日更新

ワールドピープルでは、起業に関するコンサルティングに始まり、
会社設立・登記手続き、投資ビサ取得サポート、
ビジネスプラン作成、市場調査、マーケティングサービスを提供しております。
http://www.worldpeopleusa.com

初回のコンサルティング (30分) は無料です。
アメリカでの起業をお考えの皆さまは、是非お気軽に
ワールドピープル info@worldpeople.co.jpまでご連絡下さい。

Columnist's Profile

ビジネスコンサルタント田村 玲子(World People USA, Inc.)

日本において4年生大学教育学部を卒業後、1990年に渡米留学。日本での専攻を活かし、ワシントン州にて教育学部修士号取得(MEd)。卒業後、外国人学生のアドバイザーとして2年間大学にて勤務。その間に国際ビジネスに興味が惹かれ、国際経営で定評のあるアリゾナ州サンダーバード大学にて、1998年に国際経営修士号(MBA)を取得。その後、4年間の大手日系企業アメリカ支社勤務を経て、2003年に「ワールドピープルUSA」設立。

「ワールドピープル」- その名の通り「世界人、国際人!」
21世紀を迎え、世界が刻一刻と近くなりつつある中で、今よりもっと多くの日本人の方に、世界の色々な機関で活躍して欲しいと言う願いからこの社名が生まれた。

現在は自らが得た知識と経験を最大限に利用して、企業、社会人、留学生の皆さまへのコンサルタントサービスに努めている。取り得は「元気」。特技は「そろばん」。珠算・暗算10段。日本とアメリカにおいて珠算模範演技のためT.V.にも出演。

World People USA, Inc.

21250 Hawthorne Blvd., Suite 500, Torrance, CA 90503
TEL:
310-699-1953
FAX:
310-872-5049
EMAIL:
info@worldpeople.co.jp

World People USA, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。