情報交換

No Image

短期のアメリカ滞在でペットを飼いたくても飼えない方

短期*でアメリカにお住まいの方、滞在中だけでも動物たちの里親になってペットの命を助けながらあなたもペットと一緒に毎日を楽しまれるのはいかがでしょうか?

*短期=少なくとも1年以上。ペットの推定寿命以下の期間。短期であれ、大切な命の責任を持って下さる方に限ります。軽はずみな想いではご遠慮下さい。

短期で滞在される方にとっては、ペットたちの一生の責任を持って飼っていただけることは難しいかと思います。
無責任に短期でペットを飼った後、まるでモノのように帰国前に捨てたり他人に譲るようなことをされてはペットがあまりにも可哀そうです。

シェルターには余るほどの動物たちが飼い主、里親を待っています。貰い手のない動物たちはいずれ殺処分されてしまいます。里親制度をご利用になれば、動物たちを殺処分から救っていただけることが出来ます。餌代や予防接種代はシェルター持ちなので、経済的にも安心していただけるかと思います。

里親(Foster Parent)になるには各シェルターやボランティア団体にて登録をしていただくことになります。ご質問等は各ローカルシェルター、団体へ直接お問い合わせ下さい。
<参考> 
- Become a foster parent (LA County Animal Care)
http://animalcare.lacounty.gov/become-a-foster-parent/

  • 登録日 : 2018/12/21
  • 掲載日 : 2018/12/21
  • 変更日 : 2018/12/22
  • 総閲覧数 : 292 人