生活情報

凍結口座の情報.pd...

銀行口座凍結とは管理無しの結末

お金は持ち主に由る管理が大切です。銀行は絶対信用できる所と過信していませんか? 何もしないで居れば口座は迷子になります。銀行口座が凍結されると必ずしも使用していた銀行の所在地の州の管轄では無くなる場合が多々在ります。

私のビビナビ投稿は検索先を張り各個人の迷子の金を探し易くする正しい情報の共有化をする事です。と同時に是からの凍結を防ぐ為の情報共有が目的です。米国の場合 銀行口座の通常口座と休眠は銀行に。。。凍結口座の管理先は国や州に成ります。今の所 日本や香港は凍結してもお金と貴方の情報は銀行に残ります。しかし何処の国でも少しずつ法律や銀行の規則を常に少しずつ変えています。

銀行の口座はとても便利なものですが、しかし(自身に由る管理を怠れば)将来凍結されて銀行から離れ迷子に成る事を知っているでしょうか? 又日本に帰国される方が注意しなければいけないのは”全てが”ONLINEで移動管理が出来ない事態も或ると言う事。例えば税制優遇を受けた高利の定期貯金などは解約や移動には”本人確認の為に”当の銀行窓口迄行かなければならない場合が多いのです。

アメリカは日本より利子が少し良いからと安易な考えでアメリカ滞在中に開けた銀行口座を日本帰国後も残していませんか、是は大変な過ちです。お金を必要な時に手に入らなくなり、本人証明と送金知識と税の知識の必要性で板挟みに成る可能性は大です。時間も掛かり此の時点で自分の金を取り戻す事を諦める人が沢山出てくる事でしょう。他方日本に居住しながら外国為替の保持も含めた、日本の商社株への投資や日本の農地や林業と日本の会社株のインデックス様式の株式投資などができれば自分で自分の財産を日本に居ながら守る事ができるでしょう。様はバランス良く財産を持つ事です。知識が有れば勤勉な国民の住む後進国に投資するのも良いでしょう。

米国の銀行口座は目安として1~2年で休眠になり、(定期貯金など例外も有ります)。10年経つと持ち主の登記住所に手紙連絡が入り。反応が無ければ口座は銀行から離れて管理機関に託されて一般市民に公示され持ち主が検索して取り戻す事を促しています。

公衆の面前に自分の名前が出ても取り戻す事は容易では有りません。そうなる前に出来れば銀行内で温存管理し続けるのが1番良いのです。其の為にお金を動かす事と自分の情報で有る名前や住所は常に更新しましょう。

貴方に必要なのは正統な持ち主で在る事、pcの扱いが出来る事(PDF書類、インターネット、コピー&ペイスト、英語の理解若しくはOnline翻訳が使える事)検索後本人若しくは正統な相続人で或る事が証明出来る事。時間。弁護士、翻訳士。公証印 等々



名前を検索する事は簡単です。しかし一旦銀行から離れてしまうと自分が自分で在る事の証明が難しい。申請を始めた時点から限られた時間内に公証人や英語の翻訳家や複数の参考人や自身の履歴書や本籍地などを使い自分が登記した住所と現在の自分が同一人物で或る事の証明が必要になる。2ヶ月程の期間が過ぎると始めからのやり直しが生じます。此処に幾つかの検索先を載せましたのでコピー&ペイストして自分の名前を検索にご利用下さい。英語の理解力の有る方は自分で検索し自分のお金を取り戻す事が出来る様に努力しましょう。


 https://unclaimed.org

 
 https://www.unclaimedassets.com/au.htm


 https://www.itworld.com/article/2702657/these-7-databases-find-your-missing--unclaimed-money-for-free.html


通常 銀行口座が行方不明に成らない為に1年に最低2~3度は資金をONLINEで移動してください。
遠くに居住している時はインターネットブラウザーの安全に気を付けて資金の運用をして下さい。
登記した連絡住所、電話、連絡方法、名前の変化などは常に更新して下さい。ーーー>情報の違いから来る以外と難しい後での本人証明の難しさの対処。世の中1人で生きてる訳では無いので常に味方を廻りに置いて下さい。後で参考人と為ってくれます。

インターネット以前に(1998年頃以前の)銀行口座 消失に関しては年も経って居る事もあり、安価に検索のお手伝いを致します。 日本のココナラのホームペイジで凍結口座と検索して頂ければ凍結に関する私の情報が書いてあります。他には
私の投稿者名を検索して頂くか直接 E-mailでお知らせください。私はカナダ在住ですが、アメリカ全州及び世界の英語圏の凍結口座の検索が出来ると自負しています。例外も2~3或ると思います。例えば日本と香港 これ等は当人や弁護士を使いながら当の銀行で凍結口座を探して貰って下さい。又上の3つのリンクからヒントや検索先で自分の名前を見つけられて申請に役に立った方は日本の未来で有る子供達に投資して下さい。
 
https://www.katariba.or.jp/sprit/children.html



国内若しくは国外に貯金口座を持つと言う事は何れ動かす必要が出て来ると言う事。国内同士又は、国外に動かす為の送金の違い。数字が1字違えば此の時点で再び お金が迷子に為る事が有る。最初は小銭で送金の練習して下さい。成功後大口送金が安心して出来ます。此方のリンクはコピー&ペイストしてお使い下さい。小切手で貰う昔からの方法は今も健在です。

  https://www.usbank.com/bank-accounts/checking-accounts/checking-customer-resources/aba-routing-number.html

  https://www.theswiftcodes.com

次は持ち主の国籍保持期間と家族の国籍保持期間、そして将来何処に住むか!誰が相続するか!是に由り税金の納める国に違いが出てくる。そして必ずしも住んでいる国では無い国に税を払わなければ成らない事も出てくる。

  https://www.irs.gov/individuals/international-taxpayers/frequently-asked-questions-about-international-individual-tax-matters

  https://chester-consulting.jp/blog/inheritance-tax-practice/相続税のこと/taxpayer-2268

これ等の規則や決まりも常に変化すると言う事

 
  凍結口座などお金などの質問は yspads2015迄お願いします。答えられる範囲でお答えします。又国や銀行の規則や期間に関する情報は常に変わるので 此処が大きく違うよと言う所が有れば教えて下さい。

    https://profile.coconala.com/users/224859/services?layout=1

  • 登録日 : 2020/01/21
  • 掲載日 : 2020/01/21
  • 変更日 : 2020/01/22
  • 総閲覧数 : 511 人