パノラマ

2019年7月13日~2019年7月13日 / Gardena, California / グルメ・レストラン

拡大
開催まであと25日
会場 Sea Empress Seafood Restaurant
住所 1636 W. Redondo Beach Blvd., Gardena, California, 90247 アメリカ合衆国
日程 2019年7月13日~2019年7月13日
時間 19時00分~21時00分
[時間詳細]

[アクセス]

[会場詳細]

無料パーキングはございますが、酒類のイベントですので、UberやLyft等もご活用ください。

芋と黒糖!2蔵元との焼酎交流会!

鹿児島から、2社の蔵元が来羅決定!!2蔵元の芋・黒糖を味わいながら、焼酎作り、焼酎にまつわる色々なストーリーや、秘話などを一緒に味わい焼酎の面白さ深さを知ろう! 蔵元さんと会える事ってなかなか無いので、このチャンスをお見逃しなく!

7月、鹿児島より2社の蔵元が来羅することが決定致しました!
それも鹿児島焼酎を代表する「芋」と「黒糖」。


今回は蔵元との懇親を深め、2蔵元の焼酎を味わいながら、焼酎の良さを知って頂く会です。
LAでは、なかなか会えない焼酎蔵元から、焼酎造りへの想いや秘話、焼酎にまつわる色々ストーリーを、直接、聴ける貴重なチャンスです!


今回お迎えする芋焼酎の太久保酒造と、黒糖焼酎の弥生焼酎醸造所について、ご紹介致します。

太久保酒造(鹿児島県志布志市)の中山信一社長は、焼酎の原料であるサツマイモを取り扱う会社を経営しており、それをきっかけに、焼酎造りの原点に戻った、こだわりの製法『甕壺仕込み』による本当の芋焼酎を造りたいという思いを持つようになりました。そして、明治43年(1910年)創業の久保醸造の経営を引き継ぎ、平成2年(1990年)に太久保酒造を設立。現在は、地元鹿児島県大隅産の芋を主原料に、米も日本国産米を100%使用して、原料にこだわった焼酎を造っています。


弥生焼酎醸造所(鹿児島県奄美市)は、大正11年(1922年)に、女性実業家の川崎タミ氏が創業し、奄美大島では一番古い蔵元です。黒糖焼酎は奄美群島のみが製造を許可されており、弥生焼酎醸造所は良質の黒糖とタイ米を使い、黒糖焼酎を製造しています。3代目社長、川崎洋三氏が自信を持っているのが「香り」と口に入れた時の「まろやかさ」。常圧蒸留の方法を用い、モロミの温度が100度近くまで上がるため、アルコールの成分の他にも原料由来の香味成分がたくさん焼酎に入るので、コクと香りの強い焼酎ができあがります。


当日は、複数の銘柄の焼酎をご用意致します!
アメリカでは、まだ、販売されていない銘柄や、LAスピリッツ・コンペティションで賞を受賞した銘柄などの芋と黒糖の焼酎を、是非、この機会にご堪能ください!


日時: 7月13日(土)7PM - 9PM
場所: Sea Empress Seafood Restaurant
1636 W. Redondo Beach Blvd., Gardena, CA 90247
参加費:$60 (焼酎&お食事)
参加条件:21歳以上

蔵元: 太久保酒造、弥生焼酎醸造所
焼酎: 複数の銘柄をご用意する予定です。
アメリカでは未発売の弥生焼酎醸造所の「弥生ゴールド」(黒糖焼酎)は、2018年 LAインターナショナルスピリッツコンペティション にて 金賞を受賞!日本でもなかなかお目にかからない銘柄をこの機会に是非!

主催団体: LA焼酎会
お申込み方法(メール):lashochukai@gmail.com
参加者人数、各参加者のお名前(日本語・読み仮名)、ご連絡先を明記ください。

お申し込みは先着順とさせて頂きます。
お席に限りがございますので、お早めにお申し込みをお願い致します。

[お問い合わせ先]
LA焼酎会 
LAshochukai@gmail.com
  • [言語]日本語
  • 登録日 : 2019/06/11
  • 掲載日 : 2019/06/11
  • 変更日 : 2019/06/15
  • 総閲覧数 : 74 人