パノラマ
パノラマ

病院・クリニック / 知って得する

拡大

初回無料コンサルテーション

  • Maika Shaku, LCSW カリフォルニア州公認の心理カウンセラー‖不安、心配性、うつ、女性特有の悩み、適応・異文化問題専門‖
  • ., Los Angeles, CA, 90025 US
  • TEL: +1 (916) 533-4535

日本とカリフォルニア州における心理カウンセラー・制度の違い

こんにちは。
カリフォルニア州公認の心理カウンセラー Maika Shaku, LCSWです。

先日、とても興味深い記事がヤフージャパンにリンクされていました。
筆者は、日本で活動している公認心理師のようです。

記事はこちら
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63818
注:ヤフーの記事はもう削除されていたので、元記事をリンクしました。


私自身、カリフォルニア州在住とは言え、昨年日本で公認心理師国家試験が実施されたというのは知っていました。合否が発表された時にオンラインのニュースで読んだ記憶があります。
正直な感想は、やっと国家資格が出来て良かった、という思いと、遅いな、という印象です。


記事の中でも指摘されていますが、自称心理カウンセラーが乱立するというのは、あってはならない事です。
必要な教育、訓練、経験、スーパービジョンを受けていない人たちが、心の専門家として名乗る・名乗ることができると言うのは恐ろしい事です。
何故かというと、クライアントさんを深く傷つけてしまい、悪化させてしまう可能性があるからです。


日本で心理カウンセリングがアメリカほど一般的ではない理由の一つは、今まで民間資格しか無かったから、なのかもしれません。
記事でも指摘されているように、似非カウンセラーによるあるまじき行為、そして短時間の講習や講座を受けただけの人たちが「心理カウンセラー」を名乗れる制度に問題があります。

日本で心理師の国家資格が出来たことによって、必要な経験や訓練を受けた専門家によるカウンセリングがもっと身近になり、良い方向に向かっていくことを望んでいます。



ここからは、カリフォルニア州における、心理カウンセラーの資格について、少し話したいと思います(主に州の資格・LCSWについてです)。
アメリカ、日本、どちらの国も長所と短所がありますが、心理学系の専門職については、アメリカの方が進んでいるのが事実です。


私が持っているLCSW(Licensed Clinical Social Worker)という、心理カウンセラー・セラピストとして独立が許されている州の資格は、カリフォルニア州で1965年に制定されました。全米で、一番最初にLCSWが制定されたのがカリフォルニア州です。

この州公認の資格を取得する為には、社会福祉学の修士課程を修了しなければいけません。しかも、どの大学院の社会福祉学で良いのではなく、認定されている大学院です。

私の母校、University of Southern California(南カリフォルニア大学)大学院は、カリフォルニア州で一番最初に認定された社会福祉学部です。1922年のことです(余談ですが、次に認定されたのはカリフォルニア大学バークレー校の1928年です)。


また、当たり前と言えば当たり前なのですが、州が定めている教育・訓練・経験・スーパービジョンなどを受けていない人たちは、心理カウンセラーの仕事は出来ません。


そして、カリフォルニア州では、州公認の心理カウンセラー/セラピストの資格がいくつかありますが、それぞれ少しずつ違いがあります。

例えば、私が持っているLCSWの場合、私が有資格者になる為に訓練・臨床経験を積んでいた当時、大学院修了後に3200時間(以上)の臨床経験を積んでから、2種類の試験を受けなければいけませんでした。(2019年1月1日より規則が変わったので、現在は、大学院修了後に3000時間の実務経験を積むことになっています)。

別の資格であるLMFTの場合、試験を受ける為に必要な時間数が違います。トータルで3000時間の実務経験が必要で、その3000時間のうちの1300時間は、大学院修了前に取得可能です。

また別の資格のLPCCも3000時間の実務経験が必要です。

ご興味のある方は、一度調べてみると良いかもしれません。




読者の方で、日本に住んでいた時にカウンセリングを試してみたけれど、良くならなかった経験を持っている方、もしくは日本に住んでいた時にカウンセリングを試してみようと思ったことがなかった方へ。

もし今カリフォルニア州にお住まいで、日々の生活で生き辛さを感じていたり、心配なこと、不安なこと、憂鬱なこと、心がスッキリしないことなどがございましたら、一度、有資格者の心理カウンセリングを試してみませんか?

私は、クライアントの皆様に分かりやすく、正直に、そして常に信頼できる心理カウンセラーでありたいと思っています。
必ず無料のコンサルテーションをして、クライアントさんのご質問などにお答えしています。
私のカウンセリングではクライアントさんのペースで進んでいきますし、いつでもカウンセリングを止めて頂いて構いません(カウンセリングを強制することはございません)。

少しでも、皆さんの心の重荷が軽くなること、幸せと思える日々に近づくこと、それをお手伝いするのが私の仕事です。

宜しければ、私のウェブサイト www.maikashaku.com や、びびなびのページ https://tgx.vivinavi.com/maika をご覧ください。



当カウンセラーは、ロサンゼルス近郊在住の方を含むカリフォルニア州全域の皆様に、便利なオンラインカウンセリングを実施しております。
わざわざカウンセラーのオフィスに出向く必要が無く、ご自宅で、実際にお互いの顔を見て、カウンセリングを行います。
様々な理由で、外出するのが困難な方がいらっしゃると思います。是非ご検討ください。

また、外出時に、街でカウンセラーと鉢合わせするのを心配されている方々や、待合室で他の人と顔を合わせたくない方々も多くいらっしゃいます。
当カウンセラーは元ロサンゼルス在住、現在は北カリフォルニア在住なので、南カリフォルニア在住の方々と街で遭遇する可能性は極めて低いです。
そしてオンラインカウンセリングでは待合室のことを心配する必要はございません。
心配されている方はどうぞご安心ください。


■ Maika Shaku, LCSW (カリフォルニア州公認の心理カウンセラー)
当カウンセラーは、全米トップクラスの南カリフォルニア大学大学院を優秀な成績で修了(Honorable Mentionを授与)。
臨床経験を積んでカリフォルニア州公認のLCSW、心理カウンセラーになりました。週末(土日)と平日夜にカウンセリングを行っております。守秘義務あり。
心がSOSを出しているな、信用できる誰かに話したいな、と思ったら、いつでもご連絡下さい。

■お問い合わせ

TEL:916-533-4535

セッション中など、電話に出られないこともございます。
その場合は、お手数ですが、留守番電話にメッセージを残して頂くか、以下の「メッセージを送る」よりご連絡ください。
こちらから改めてご連絡させて頂きます。

日々の生活で生き辛さを感じていませんか? 信用できる誰かに相談したいと思っていませんか? 全米トップクラスの南カリフォルニア大学大学院を優秀な成績で修了した、経験豊富なカリフォルニア州公認 心理カウンセラーにご相談ください。 忙しい方に便利な、平日夜・週末対応。 安心・便利なオンライン(ビデオ)カウンセリング。 不安、心配性、うつ、妊娠中/産後うつ・不安、孤独、国際結婚、人間関係、移民・留学・駐在・異文化関係などでお悩みの方、ご連絡下さい。 守秘義務あり。

  • 登録日 : 2019/06/08
  • 掲載日 : 2019/06/11
  • 変更日 : 2019/06/08
  • 総閲覧数 : 24人